ページトップへ

NLP用語集

NLP

「Neuro-Linguistic Programming」の頭文字で、日本語では「神経言語プログラミング」と訳される。
「神経(脳)」と「言語(言葉)」と「身体」の相互作用によって行動が決定されるという基本概念に沿ってリチャード・バンドラー(Richard Bandler)とジョン・グリンダー(John Grinder)によって、1970年代に体系化される。

NLPはゲシュタルト療法のフィリッツ・パールズ、家族療法のバージニア・サティア、催眠療法のミルトン・エリクソンの言葉の使い方を研究モデリングしてつくられた。

TOTEモデル [TOTE model]

「Test(検証)-Operate(操作)-Test(検証)-Exit(出口)」の略。
ミラー(Miller)、ギャランター(Galanter)、プリブラム(Pribram)が提唱した概念で、あらゆる行動を導くために用いられる基本的なフィードバックモデル。

アズ・イフ・フレーム [As If Frame]

ある出来事が起こったかのように想定すること。
これによって、望んでいる結果を得る上での障害を心理的に乗り越え、より創造的な問題解決を促すことができる。
具体的には「もし〜だとしたらどうでしょう?」と質問を投げかけるなどの質問の仕方がこれに当たる。

アンカー [Anchor]

「五感で受け取る何らかの特定の情報や、ある行動」により「他の特定の行動や記憶、あるいは感情や衝動」が引き起こされる条件反射のようなもの。
アンカーは自然に発生するものもあれば、意図的にかけることもできる。注意を促すときにベルを鳴らしたり、特定の場所で話をするなどもこれに当たる。

イエス・セット [Yes Set]

相手が必ず「YES(はい)」の返事を返すような問いかけを重ね、徐々に別のところに導いていく表現方法。小さな「YES」を続けることによって、「NO」と言いづらい状況になるという特徴を活かした会話の手法。

NLP Words
NLP用語集
Certificate
2年毎の認定証更新
NLP MILLENNIUM JAPAN
Mail Magazine
メールマガジン


Contact
お問い合わせ
〒107-0052
東京都港区赤坂2-13-1
ルーセント赤坂 4F
TEL:03-5544-8800
FAX:03-5544-8533